ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信158ぴきめ(2015年9月1日発行)WEB版

ふりがな対応のまねき猫通信pdf(抜粋)版

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目(巻頭コラム)

 戦後という時代が戦前に変わる気配、それが一向に消えない。キナ臭いと言うより、無臭で無機質な手術室に入れられて、これから否応なしに体を切り刻まれようとする気分だ

1994年、朝鮮学校に通う女子生徒の制服(チマ・チョゴリ)が切られる、また、身体に直接的な暴力が加えられる、といった事件が300件以上も起きた。これを契機に「チマチョゴリの少女が襲われる…ニッポンて何やねん?」を合い言葉に『セレブレーション・コンサート』(セレ・コン)が、東京・大阪で開催された。セレ・コンは、日本社会の排外主義を乗り越えるために「多様性(diversity)の未来」を先取りして「祝う(celebrate)・セレブレーション」という趣旨で命名された。出演したのは、東京ピビンバ・クラブ、喜納昌吉、紙ふうせん、ガーネット・レイジ、キム・ジョン、太鼓集団「怒」、木村充揮とブルース・ギャング。そして、デビット・スズキ、チカップ美恵子(故人)、金城実、北野誠、鈴木邦男の各ゲストが熱いメッセージを寄せた

あれから20年、この国は「多様性」どころか「差別を煽りながら戦争を肯定する」方向に、確実に向かっている。安倍首相の「戦後70年談話」だと?…ファシストが反省などするものか!。(パギ)

目次

まねき猫通信購読のお願い

ホームページに掲載しているのはWEB版のため本紙の一部を掲載しています。
本紙のみ掲載している記事も面白い記事ばかりです。バックナンバーまたは購読を希望の方はこちらまで
ぷくぷくの会の活動ならびに「まねき猫通信」の趣旨にご賛同の上、ぜひ購読会費へのご協力をよろしくお願いします。

今月の通信販売おすすめ商品

通信販売についてはこちらのページをご覧ください。ご注文お待ちしております。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで