ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信159ぴきめ(2015年10月1日発行)WEB版

ふりがな対応のまねき猫通信pdf(抜粋)版

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目(巻頭コラム)

 芥川龍之介の『桃太郎』は1924年に発表された。芥川版桃太郎は、大衆的な桃太郎像とは真逆の「略奪者・殺戮者・侵略者」である。家来の犬・猿・雉も互いに不仲で、己の飢えを凌ぐために「鬼ヶ島征伐」に同行したにすぎない。桃太郎は「お爺さんやお婆さんのように…仕事へ出るのがいやだった」ので「鬼ヶ島征伐」を志した。老人夫婦も桃太郎に愛想を尽かしていて、一日も早く家から追い出したかったから黍団子をもたせて「出陣」させた

斯くして、香しき文化と平和な日々を満喫していた南海の楽園「鬼ヶ島」は、桃太郎と3匹の家来に陵辱の限りを尽くされる。鬼の「酋長」が侵略の理由を桃太郎に問うと「征伐したかったからだ。これ以上訊くと殺すぞ」と恫喝される始末

さて、生き残った子どもの鬼たちが大人になった。彼らは「椰子の実爆弾」を作って反撃を開始、鬼ヶ島独立闘争に立ち上がり、桃太郎の家を襲う…「どうも鬼というものの執念の深いものには困ったものだ」老いた侵略者は独りごちた

この短編が関東大震災の翌年に発表されたことに注目したい。芥川龍之介は今の日本を予見していたのだろうか?鬼の子ども(=私たち)は桃太郎(=安倍晋三)を、決して・断じて・絶対に、許さない!(パギ)

目次

まねき猫通信購読のお願い

ホームページに掲載しているのはWEB版のため本紙の一部を掲載しています。
本紙のみ掲載している記事も面白い記事ばかりです。バックナンバーまたは購読を希望の方はこちらまで
ぷくぷくの会の活動ならびに「まねき猫通信」の趣旨にご賛同の上、ぜひ購読会費へのご協力をよろしくお願いします。

今月の通信販売おすすめ商品

通信販売についてはこちらのページをご覧ください。ご注文お待ちしております。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで