ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信164ぴきめ(2016年3月2日発行)WEB版

ふりがな対応のまねき猫通信pdf(抜粋)版

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目(巻頭コラム)

 厚生労働省は障がい年金の新しい判定指針を導入する方針だが、これに対して日本精神神経学会などで構成する「精神科7者懇談会」が『精神障がいに係る障害年金認定についての申し入れ書』を昨年11月に提出、その中で「年金を受給できなくなると障がい者は大きく動揺し、症状の悪化や意欲の低下につながる」と指摘した

新指針が導入されると、現在1級の受給者のうち約56000人が2級に変更され、支給額が月額約81000円から約65000円へ減額される。また、現在2級の受給者のうち約23000人が3級へ変更となり、障害基礎年金受給対象外のため支給停止(月額約65000円から0円へ)となる。同懇話会によれば、現在「障害基礎年金」を受け取っている精神・知的・発達障がい者、約79万人のうち、1割に当たる約79000人が支給停止や支給減額の対象となる可能性があるという

新判定指針導入の目的は、障がい年金の支給・不支給判定の地域差をなくすことであるとしながら、障がい年金を受給していた人が受けられなくなることについては全く斟酌していない。いや、減額と支給停止が真の目的であることは明白である。生活保護費、児童扶養手当、高額療養費、障がい年金…が、みな軍事費に使われる。これでも、アナタは自民党支持か?(パギ)

目次

まねき猫通信購読のお願い

ホームページに掲載しているのはWEB版のため本紙の一部を掲載しています。
本紙のみ掲載している記事も面白い記事ばかりです。バックナンバーまたは購読を希望の方はこちらまで
ぷくぷくの会の活動ならびに「まねき猫通信」の趣旨にご賛同の上、ぜひ購読会費へのご協力をよろしくお願いします。

今月の通信販売おすすめ商品

通信販売についてはこちらのページをご覧ください。ご注文お待ちしております。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで