ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信169ぴきめ(2016年8月1日発行)WEB版

ふりがな対応のまねき猫通信pdf(抜粋)版

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目(巻頭コラム)

 ジャン・ジャック・ルソーの思想は、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した市民革命(『フランス革命』1787年)に多大な影響を与えた。中江兆民はルソーの思想を日本に初めて紹介した人で、大逆事件で虐殺された幸徳秋水も思想・運動的には中江の系譜に属する。敗戦後、日本のルソー研究は京都大学人文科学研究所の桑原武夫を中心に、実に幅広い学問業績を誇った。戦後日本の思想界を常にリードし、庶民的視座を決して譲らなかった鶴見俊輔は、その学派に属する。そして、鶴見が見いだし、生涯に亘って自らの思想と運動の「相棒」としたのが小田実だった

ルソーは言う。「過ちを犯すことは、恥ずべきことではない。むしろ、その過ちがわかった後も改めようとせず、同じ過ちを繰り返すことこそが恥ずかしいのだ」「イギリス人は自分が自由だと思っているが、それは大まちがいだ。彼らが自由なのは議員を選挙する間だけのことで、選挙が終わるや否や奴隷となりはてる」。今、再び過ちを犯そうと画策するファシストどもが、選挙で選ばれたと大手を振って、国会と政権を牛耳っている

市民革命の伝統も歴史も持たない日本の「革命」を、中江も幸徳も、桑原も鶴見も小田も、考えていたのだ!!           (パギ)

目次

まねき猫通信購読のお願い

ホームページに掲載しているのはWEB版のため本紙の一部を掲載しています。
本紙のみ掲載している記事も面白い記事ばかりです。バックナンバーまたは購読を希望の方はこちらまで
ぷくぷくの会の活動ならびに「まねき猫通信」の趣旨にご賛同の上、ぜひ購読会費へのご協力をよろしくお願いします。

今月の通信販売おすすめ商品

通信販売についてはこちらのページをご覧ください。ご注文お待ちしております。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで