ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信172ぴきめ(2016年11月2日発行)WEB版

ふりがな対応のまねき猫通信pdf(抜粋)版

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目(巻頭コラム)

 「北海道舊(旧)土人保護法」は1900(明治32)年に制定されて1997(平成9)年に廃止された。保護とは名ばかりで、アイヌ民族の土地を奪い、漁業・狩猟を禁止し、アイヌ語を否定し日本語を押しつけ、アイヌ固有の習慣風習を厳禁して日本風氏名を強要した。こんな悪法が百年近くも実効であった事実を、日本の国民の何%が知っているだろうか

松井一郎とてご多分に漏れず「北海道舊土人保護法」の存在を知らなかったに違いない。沖縄県高江のヘリパット工事を阻止するために抗議・座り込みをしていた市民に対して「この土人が!」と罵倒した大阪府警所属・某の言動に対して「表現は不適切だが、しっかり職務を遂行している姿に敬意を表し、労を犒いたい」旨を松井は表明した。現大阪府知事に政治家としての資質があるかないかは別として、また、本人が「土人」という日本語の意味を理解できるのかどうかはさておき、「土人」という音韻や言葉の響きが心地良いか否かだけは、この男に問うてみたい衝動に駆られる

明治以降「土人」と呼ばれ続けた人々は誰であったのか? 「土人」の呼称で貶められ、人権を蹂躙され続けたのは何故か? そんな想像力の欠片すら持ち合わせていない夜郎自大が「知事」…大阪の恥・松井を即刻更迭せよ!(パギ)

目次

まねき猫通信購読のお願い

ホームページに掲載しているのはWEB版のため本紙の一部を掲載しています。
本紙のみ掲載している記事も面白い記事ばかりです。バックナンバーまたは購読を希望の方はこちらまで
ぷくぷくの会の活動ならびに「まねき猫通信」の趣旨にご賛同の上、ぜひ購読会費へのご協力をよろしくお願いします。

今月の通信販売おすすめ商品

通信販売についてはこちらのページをご覧ください。ご注文お待ちしております。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで