ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信179ひきめ(2017年6月7日発行)WEB版

ふりがな対応のまねき猫通信pdf(抜粋)版

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目(巻頭コラム)

 フェイスブックを通じて懇意になり邂逅を得た神戸金史さんと初めて飲んだ。一年前の「相模原虐殺事件」で19人が殺害され27人が負傷、犯人が「障害者は生きている価値などない」と傲然と言い放ったその日の夜、神戸さんは酔っ払いながら綴ったと言う

『障害を持つ息子へ』 [略]あなたが生まれたことで、私たち夫婦は悩み考え、それまでとは違う人生を生きてきた。親である私たちでさえ、あなたが生まれなかったら、今の私たちではないのだね。ああ、息子よ。誰もが、健常で生きることはできない。誰かが、障害を持って生きていかなければならない。なぜ、今まで気づかなかったのだろう。[略]息子よ。君は、弟の代わりに、同級生の代わりに、私の代わりに、障害を持って生まれてきた。[略]息子よ。そのままで、いい。それで、うちの子。それが、うちの子。あなたが生まれてきてくれてよかった。私はそう思っている。父より

大反響を呼んだ「詩」は放送番組や単行本になり、翻訳もされて世界各地で共感の旅を続けている。神戸さんは放送の仕事に携わりながら、講演活動にも忙しい。一年前、不覚にもこの「詩」に気付ずにいた鈍感の罪を、執筆者が償うこととあいなった「新宿ゴールデン街」の夜でありました…(笑)。   (パギ)

目次

まねき猫通信購読のお願い

ホームページに掲載しているのはWEB版のため本紙の一部を掲載しています。
本紙のみ掲載している記事も面白い記事ばかりです。バックナンバーまたは購読を希望の方はこちらまで
ぷくぷくの会の活動ならびに「まねき猫通信」の趣旨にご賛同の上、ぜひ購読会費へのご協力をよろしくお願いします。

今月の通信販売おすすめ商品

通信販売についてはこちらのページをご覧ください。ご注文お待ちしております。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで