ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信148ぴきめ(2014年11月2日発行)WEB版

ふりがな対応のまねき猫通信pdf(抜粋)版

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目(巻頭コラム)

映画『チョコレート・ドーナッツ』の原題は"ANY DAY NOW(今すぐにでも)"で、これはボブ・ディランの曲の有名なフレーズ

麻薬中毒患者の母親を持つマルコはダウン症の子どもで、施設に強制収容されそうになるのを、見かねた隣人のルディが、自ら養育することを決意する。「彼」は、夜な夜なゲイバーでショーを披露するホモ・セクシャルで、ポールという恋人ができたばかり。地方検察局に勤めるポールの尽力で、3人は家庭を持つことができた。マルコは病気を抱えながらも地域の学校に通い、「2人のダディ」と優しい教師、そして友人たちに囲まれて束の間の幸せを生きた

将来を有望視されていたポールがゲイであることを見抜いた上司が「彼」を解雇、母親を出所させてマルコを2人から引き割いてしまう。ホモ・セクシャルに対する予断と偏見に満ちた意見、証言、陳述が続く裁判…そしてマルコはある夜、クスリに溺れる母親から1人離れて、橋のたもとで逝った

ポールは、自分たちの「家庭」を破壊した裁判官、弁護士、元上司たちに手紙を書いた。「快活で、賢い、皆のスターだった子どもが死んだことをご存じですか?」年前の実話は、現代日本の現実だ。見終わっても涙は流れず、ただ、動けなかった。(パギ)

目次

まねき猫通信購読のお願い

ホームページに掲載しているのはWEB版のため本紙の一部を掲載しています。
本紙のみ掲載している記事も面白い記事ばかりです。バックナンバーまたは購読を希望の方はこちらまで
ぷくぷくの会の活動ならびに「まねき猫通信」の趣旨にご賛同の上、ぜひ購読会費へのご協力をよろしくお願いします。

今月の通信販売おすすめ商品

通信販売についてはこちらのページをご覧ください。ご注文お待ちしております。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで