ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信61ぴきめ(2007年7月1日発行)

ふりがな対応のpdf版(約4.1MB)もどうぞ。

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目 (巻頭コラム)

NHK『灰谷健次郎×柳美里/いのちを知る旅』を見た。一九九七年「神戸児童連続殺傷事件」の酒鬼薔薇を名乗る少年の顔写真を新潮社が雑誌に公表したのに抗議して、灰谷が全版権を同社から引き上げた時に、柳は「子供を王様だとする灰谷の思想は滑稽かつ異様」だと批判した。一方、柳は幼児期に家庭と学校で酷い虐待といじめを受け、落胆憔悴しきった心を抱えながら灰谷の熱心な読者になったという。

「十二歳の自分の心情を生前の灰谷さんに告げなかったことを後悔した」という柳の動機で、同番組は制作された。代表作『太陽の子』の舞台となった神戸市兵庫区の路地裏や所縁の人物を、過去の不幸に重ねながら柳は訪ね、旅をする。

「こども」を愛してやまなかった灰谷が、何故自分の子供の「こども」の誕生を拒否し離婚したか、という点に話が収斂していく。灰谷は己の〈いのちの継承〉を拒否したではないか、灰谷流「優しさ」は嘘だった。だから、「未婚の母」である私こそが、本当の「優しさ」を追求したい…番組が伝えたのはそれだけだ。十四歳の少年が父親を殺す描写の生々しさで話題を浚った「作家」が、イメチェンのために「いのち・優しさ」を灰谷の名を借りて曲解した…僕は怒っている。(パギ)

目次

今月の通販

通信販売のページをご覧ください。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで