ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信74ひきめ(2008年9月1日発行)

ふりがな対応のpdf版(約3.8MB)もどうぞ。

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目 (巻頭コラム)

「パスポートをお見せください」と東京の定宿で言われた。「大阪から東京に出張するのに、いちいちパスポート持ってくる奴がおるか?」と返すと「あっ、大変失礼いたしました。外国人のお客様にはパスポートの確認をせよと都の方から指導がございまして」ときた。「僕が何で外国人だとわかったの?」「あのぅ、お名前で」「僕は何回もこのホテルに泊まってるはず。今までと対応が違うのは何故?」。

金、朴、高などの日本姓は歴と存在するし、ツルネン・マルテイという国会議員だっている。一目で「外国人」だとわかるテレビタレントや外国の要人にもパスポートの提示を求めるのか…、僕の質問は続いた。フロント係は、たじたじである。実はこれが初めてではない。何度か旅券提示を求められたことがあるが、今回の場合は定宿であるという点で僕の怒りが増幅した。

パスポートを所持していなければ警察に通報するのだろうか。日本に入国する外国人全員の顔写真と指紋を採取しておいて、おまけにホテルで旅券の所持をチェックするこの国は、頭のてっぺんから爪の先まで排外主義で貫かれている。当然、ブッシュやブラウンからも指紋採取したのだろうな? 確かめるべきだぞ。(パギ)

目次

今月の通販

通信販売のページをご覧ください。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで