ぷくぷくの会ホームページ
ぷくぷくの会通信販売まねき猫通信ふりがな対応版

まねき猫通信128ひきめ(2013年3月3日発行)WEB版

ふりがな対応のまねき猫通信pdf(抜粋)版

トリの眼・ムシの目・ニャンコの目(巻頭コラム)

先月に引き続き「雪」に拘ってみます

雪という漢字は「雨」に「彗」を組み合わせた会意文字で「万物を掃き清める、すすぐ、そそぐ」の意味があります。一面銀世界の光景を見て、古人は浄化(カタルシス)を連想したのでしょうか。はたまた、豪雪の厳しさに接して、人智を越えた自然に対する畏敬と畏怖の念を抱いたのかもしれませんね

韓国語で雪はヌンといいます。因みに「目」も「芽」もヌンで、同音異義語です。雪も瞳も芽も澱んではいないし、汚濁・汚辱のイメージからはほど遠いという共通点があるような気がします

「雪がとけると何になる?」この問に「水」と答えたあなたは、理性的な人です。「春」と答えるあなたは、とても詩的ですね。そして、「放射能」と答えるであろうあなたの心情も、むべなるかな…

「聖域なき改革」と「美しい国・日本」という大言壮語とペテンの下に、労働者派遣法、障がい者自立支援法、など悪法が次々と生み出され、教育基本法は改悪されました。沖縄の普天間基地を返すと宣うて、何年経ちますか? 民主党の裏切りをはさんで、この国の、この7年間、約束は何一つ果たされていないのです

雪がとけて、雪辱の季節を待ちわびる春です。(パギ)

目次

まねき猫通信購読のお願い

ホームページに掲載しているのはWEB版のため本紙の一部を掲載しています。
本紙のみ掲載している記事も面白い記事ばかりです。バックナンバーまたは購読を希望の方はこちらまで
ぷくぷくの会の活動ならびに「まねき猫通信」の趣旨にご賛同の上、ぜひ購読会費へのご協力をよろしくお願いします。

今月の通信販売おすすめ商品

通信販売についてはこちらのページをご覧ください。ご注文お待ちしております。


1999 pukupuku corp. All rights reserved.
このホームページに関するお問い合わせはこちらまで